1. ホーム
  2. おもてなし電話のシンカCTIブログ
  3. おもてなし
  4. 美容室にとってCTIはまだ贅沢品?!導入した美容院ユーザ様の経営的視点

美容室にとってCTIはまだ贅沢品?!導入した美容院ユーザ様の経営的視点

The-ins-and-outs-of-a-hair-salon-app

こんにちは!
おもてなし電話の長岡です。

今日は、おもてなし電話ユーザである
美容室の方から伺った、

1、おもてなし電話を導入した理由
2、おもてなし電話の活用方法
3、美容室にとって、CTIシステムとは?

をご紹介させていただきます!

 

◆1、おもてなし電話を導入した理由

「実は、元々は別のCTIシステムを
使っていたんですよ。

そちらの方が値段が安くて、多機能でした。」

値段が安くて、機能も多い。
それではなぜ、
おもてなし電話に切り替えたのでしょうか?

「機能が多過ぎて余計なものが多く、
結局使いづらかったんです。

もっとシンプルなものがほしいと思って。

おもてなし電話は
画面もシンプルで、
機能も必要なものに絞られている。
使い方も分かりやすい。

それが良いと思って切り替えを決めました。」

 

◆2、おもてなし電話の活用方法

こちらの美容院では、おもてなし電話を
どのように活用されていらっしゃるか
というと、、

「うちではお客様ごとのカルテを
紙で保管しています。

そのカルテNo.を、おもてなし電話の
お客様情報の欄に入力しておく事で、

電話があった時に
お客様のお名前とカルテNo.が
タブレットにパッと表示されるので、
”お名前を聞いてカルテを探す”
という手間と時間をグッと減らせました。」

「常連のお客様には、
”毎回名前とカルテNo.を聞かれなくなって
煩わしさが無くなったし、
すぐに予約を取れるから助かる”

と言ってもらえました」

お客様の定着率(=常連化)も上がり、
スタッフの手間も省けて
効率的に仕事が回るようになった
、との事です!

 

◆3、美容室にとって、CTIシステムとは?

「CTIシステムは、美容室にとっては
はっきり言って贅沢品です。」

「無くても業務は回りますけど、でも
私は、どうしてもその機能を使いたかったんです。」

「お客様が増えるにつれて、
スタッフの業務がどんどん煩雑になり、
まさに”業務を処理する事に一生懸命”
になってしまっていました。

店側が余裕の無い状態を、
解消したかったんです。」

「以前使っていたCTIシステムの方が
確かに値段は安かったです。

でも、店を良くする為に
自分が欲しくて使っている機能だから、
そこにはちゃんとそれなりのお金を払うものだ
と思っています。

そもそもお金を払ってIT化しても、
私たちが機能を使いきれなければ
意味が無い。
たとえ安い金額でも、
無駄なお金になってしまいますからね」

* * * * * *

【おもてなし電話】についての詳細を
お知りになりたい方は、
お気軽にお問い合わせください!

TEL: 03-6721-0415
E-Mail: info@thinca.co.jp

【おもてなし電話】紹介ページ
https://www.thinca.co.jp/service/cti/

【おもてなし電話】店舗用動画

この記事をシェア、フォローする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おもてなし電話の紹介動画

おもてなし電話をフォローする


資料ダウンロード・お問い合わせ
Our Service
おもてなし電話 シンカCTI
Recruiting
代表メッセージ
・Webデザイナー募集
・営業募集
Seminar
セミナー
講演
Blog
代表江尻のコラム
「ITおかし(いとおかし)」
おもてなし電話の
シンカCTIブログ

制作・著作

Copyright © Thinca co.,Ltd. All rights reserved.