TOPお知らせ > テレワーク助成金を用いた「カイクラ」導入について

テレワーク助成金を用いた「カイクラ」導入について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレワーク助成金を用いた「カイクラ」導入について
厚生労働省・東京都のテレワーク助成金を用いた形でのシンカの顧客接点クラウド「カイクラ」の導入が可能です。
いずれも申請締切が2020年5月となっております厚生労働省の締切は5/29, 東京都の締切は6/1になっておりますので(2020/5/12現在)、申請をお考えの方はお急ぎください。


厚生労働省:時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
対象:全国
募集要項
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

東京都:事業継続緊急対策(テレワーク)助成金
対象:東京都
募集要項
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/boshu/kinkyutaisaku.html

以下、比較表を掲載します(シンカ調べ、詳細は公式サイトを必ずご確認ください)。

項目 事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
提供 (公財)東京しごと財団 厚生労働省
対象地域 東京都内 全国
対象事業主
の主な条件

※詳細については
募集要項参照
・常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
 ※東京都内にある本社・事業所が対象

・都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること
・テレワークを新規で導入する中小企業事業主(試行的に導入している事業主も対象)

・労働者災害補償保険の適用中小企業事業主であること
助成対象の取組 感染症の拡大防止及び緊急時の事業継続対策として在宅勤務等を
可能とする情報通信機器等の導入によるテレワーク環境の整備
※実績報告時までに「テレワークに関する規定」 を作成し、提出する必要あり
(パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用も対象)
新型コロナウイルス感染症対策としての以下のいずれかを取組み
・テレワーク用通信機器の導入・運用
・就業規則・労使協定等の作成・変更等
・労務管理担当者に対する研修等
(パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象外)
主な要件 6/30までに補助対象となる機器の購入・設定が終了し、
テレワークが実際に開始できる状態とする
※計画・実施報告が必要(詳細は募集要項参照)
・事業実施期間中に「助成対象の取組を行うこと」
・「テレワークを実施した労働者が1人以上いること」
※計画・実施報告が必要(詳細は申請マニュアル参照)
助成の対象となる
事業の実施期間
支給決定日以後~令和2年6月30日までに
完了する取組が対象
令和2年2月17日~ 5月31日まで
(計画の事後提出を可能とし、2月17日以降の取組で交付決定より前のものも助成対象)
助成金額
上限と助成率
上限:250万円 助成率:10/10 上限:100万円 助成率:1/2
カイクラ費用
助成対象
(審査通過の場合)
「初期費用」と「月額費用(最大3ヶ月分)」
※「工事費用」,「郵送料」,「間接経費(消費税・振込手数料等)」は対象外
※「月額費用」は、実績報告書提出時(7月末提出期限)に支払い済のもので最大3ヶ月分が対象
「初期費用」と「月額費用(最大7/15までの利用料)」
※「月額費用」は、交付決定通知を受けてから、最長、支給申請締切りの7/15までの
  日割りが対象(事務局窓口確認)
※「間接経費(消費税・振込手数料等)」は対象外
※「工事費用」・「郵送料」は対象見込(事務局窓口確認)
申請期限 5月12日6月1日必着 5月29日必着
報告期限 7月31日必着 7月15日必着
書類提出方法 書面の郵送のみ メールにて書類送付し、内容チェック後に、郵送による書面提出




 
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加