1. ホーム
  2. ITおかし(いとおかし)
  3. その他
  4. [0017]年賀状を書き終えて

ITおかし(いとおかし)

[0017]年賀状を書き終えて

会社の年賀状を書き終えました。

今年250枚を越えましたので、来年は300枚を越えそうですね。
このままの勢いで行ったら100年後にはいったい何枚になっているのだろう・・・

というお決まりのことはおいて置きまして(笑)

 

年賀状を作るっているときに、

ふとあることに気づきました。

 

1.送るリストを考えるときに自然と人間関係(会社関係)の整理になる

年賀状を送る先を考えたときに、
今のお付き合い関係や、ビジネスの協業状況など、
振り返ります。

「ちょっと疎遠になっているな・・・」
「一度会ったきりだな・・・」

のように、今の状況を振り返ることができます。

「久しぶりに連絡してみよう!」
と思えることもあれば、
「ビジネスが発展しなかったな・・・残念ながら・・・」
と感じることもあります。

このようにして、新しく出会った人や過去からのお付き合いも含め、
人間関係が整理できますね。

この人間関係の棚卸って大切だと思います。

久しぶりに今会うことで、新しいビジネスが生まれるかもしれません!

 

2.年賀状に一言書き加えていく中で、その人のことを思い出せる

一言書くときは必ず宛先を見てから書くのですが、
面白いなと思ったことがあります。

それは、名前を見たら、その人との出会いやこれまでのことを
一気に思い出すのですよね。

人間の記憶って素晴らしい!

 

 

懐かしいと思うこともあれば、
そういえばあの件はどうなったのだろうと思いだすことなど。

こういった思い出す機会がなければ、
そのままになっていたことも少なくなりません。

 

面白い!

 

年賀状を書くことにより、

今年の人間関係の整理とその人たちとの思い出を振り返られる、

非常にいい機会になります。

 

年末に年賀状を書く、本当に素晴らしい習慣だと改めて思いました。

 

ネットが普及して、紙の年賀状を控える人も増えてきました。
もちろん悪くはないですが、
送る意味などを見失わないようにしたいですね。

 



資料ダウンロード・お問い合わせ
Our Service
おもてなし電話 シンカCTI
飲食業向けCTI
Recruiting
代表メッセージ
・Webデザイナー募集
・営業募集
Seminar
セミナー
講演
Blog
代表江尻のブログ
「ITおかし(いとおかし)」
おもてなし電話の
シンカCTIブログ

制作・著作

Copyright © Thinca co.,Ltd. All rights reserved.