PDF
INTERVIEW
INTERVIEW

「Passion」「Professional」「Fun」
シンカが大切にしているValue

中村 岳志
Nakamura Takeshi
PROFILE
入社 2017年 | 中途入社
所属 経営企画室(現:執行役員COO)

大学卒業後、大手Slerにシステムエンジニアとして入社。金融系情報システムの開発に従事。
その後、大手企業向けのシステム開発プロジェクトに参画し、チームリーダーやプロジェクトマネージャーを経験。
2017年、株式会社シンカに入社。

入社のきっかけについて教えてください

私の前職での直属の先輩が、当社代表の江尻でした。
当時から江尻の人間性や志に惹かれており、また江尻より「将来は起業する」という話を聞いており、私も「起業したときには、江尻のもとで働きたい」と常に思っていました。

江尻がSIerを辞めたあと、コンサルティング会社へ転職したのですが、それからも定期的に会っており、より具体的な夢やビジョン等を聞く度に、一緒に働きたい想いは強くなっていたことを覚えています。

2014年に江尻がシンカを起業。
その時に入社したかったのですが、当時私が抱えていたプロジェクトが多く、またしっかりと全うしたい気持ちがありました。
そのため、全てのプロジェクトをやり通し、2017年にシンカへ入社しました。

入社する決め手となったポイントや出来事はありますか?

先ほどの話の通り、「江尻が起業するときはそこで働きたい」ということは、前職で江尻と出会ったときから決めていました(笑)

印象的だった出来事としては、当時のシンカに集まっていた仲間と経営理念です。
私は、シンカへ正式に入社する前に、すこし業務を手伝っていた時期がありました。

今よりも社員数は少なく、それでもやるべきことがたくさんある状況。
その中で、江尻の元に集まった仲間が、経営理念である「ITで 世界を もっとおもしろく」を実現するために全力で走っている姿がとても魅力的でした。
その場面を見て、「自分も一緒に走りたい」とこれまで以上に強く感じましたし、正式に入社が決まってからはとにかくワクワクが止まらなかったです。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

会社の雰囲気という面では、イメージのギャップはありませんでした。
しかし、私が長い間大手企業にいたこともあり、シンカ入社当時はスタートアップ特有の物事が進むスピード感に驚きました。

前職でプロジェクトを推進する立場のとき、ひとつひとつのプロジェクトにおいて多くの部隊、人員を動かしていました。
そのためには、事前に高いレベルで完成された資料などが必要で、時間をかけて念入りな用意をしてからようやく動き出します。

しかし、シンカ入社後はとにかく早く動くことが大切だったので、そこのギャップは大きかったです。
当時は、アライアンス部に所属しており、代理店様や協力会社様との折衝を主に対応していました。
戦略や施策をしっかりと検討した後、実行するスピード感が、以前の大手企業在籍時には感じたことがないものでした。

現在担当している仕事、またどのような時に醍醐味を感じるか教えてください

現在は、経営企画室に所属しており、「各部横断課題の対応推進」「予算管理」「プライバシーマーク対応」といった、会社全体に関わる業務を対応しています。

仲間と共に一喜一憂している時、楽しさを感じます。
当社は、チームワークを強みとする企業を目指しており、グループや部の垣根を越えて「チームシンカ」という言葉があります。

私の立場は、まさしく「チームシンカ」の一員でもあり、そして「チーム」をよりよくするものだと思っています。
そのため、目標達成や課題対応に向けて、互いに助け合ったり、共に悩み苦労する時、様々な瞬間で「仲間と共にやっているな!」という充実感や喜びがあります。

最近ですと、年間で立ててていた高い目標があるのですが、「チームシンカ」で目標達成した瞬間は醍醐味を感じました。
皆で喜びを分かち合っている時は、私にとって最高に楽しく嬉しい瞬間です。

入社後一番苦労したことやその苦労を乗り越えた方法を教えてください

最初に苦労したのは自分自身を変えることでした。

入社前後でのイメージギャップでの話にもあるのですが、何よりも大きく違ったのが会社のスピード感です。
会社の成長スピードに負けずに自分個人も成長していく必要があるため、意識的に考えや行動を少しずつ変えていきました。

ひとつ例を挙げると、「方針決定」「資料作成」「運用開始」等、各場面においての遂行意識です。
これまでの私は、ひとつのものに100点となるよう時間を掛けて完成させていました。しかし、今はスピード重視で70点を作成し、走りながら100点に近づけています。

自分の考えやこれまでのやり方を変えるのはストレスがかかりますが、それによって違う景色が見えてきます。
少しずつ、ひたすら量をこなしていき、課題を乗り越えるようにしました。

今後実現したいことは何ですか?

「ITで効率化し、人に対して時間のゆとりをつくり、心のゆとりをつくる。心のゆとりが会話を生み、人との絆をつなぐ。」

シンカの根幹にあるこの想いを実現し、社会に必要とされる会社にすることをめざしています。
このためには、「認知度を向上させること」「導入いただいた多くのお客様に成功していただくこと」「常にサービスを進化させていくこと」など…やるべきことが盛りだくさんです(笑)

これらの実現に向けて、経営企画室がやるべきミッションは長期・短期の戦略立てをすること。
そして、戦略が達成されるように各部署と協力し推進していくこと。

経営企画室の立場でできることを全力で行い、シンカの想いを実現させたいです。

シンカの雰囲気について教えてください

良いチームワークがあると思います。

特に会社としての組織がしっかりと固まった2020年頃から、その雰囲気は強く感じます。
実務を担当するスタッフ、部長やマネージャーといった管理職、またそれぞれのチームやグループといったように、組織においては様々な単位で与えられているミッションがあります。

もちろんそれらを達成するために、個々人が努力し行動していくことは大事です。
しかし、シンカの雰囲気として感じるのは、会社全体の目標を見ている人が多いということです。
線を引くのではなく、会社全体の目標を見て、それぞれのグループや人同士で助け合いがされています。

また、穏やかで優しい人が多いですね。
例えば、自分の提案に対して意見を貰うこと、課題解決に向けて他部署へ相談、プライベートな相談含め、ざっくばらんに相談に載ってもらったり、雑談をしています。
後輩も含めてそのような人たちがたくさんいるので、改めて恵まれた環境にいると実感しています

どのような人と一緒に働きたいですか?また、活躍できる人の特徴を教えてください

熱い想いを持って自ら行動する人、思いやりや感謝の気持ちを忘れない人ですね。
挑戦を楽しみ、やりきる人が活躍できると思います。

シンカが大事にしている3つのValueがあります。
Passion 誇りと情熱を持って尊重しあう組織へ
Professional 当事者意識とチームワークを強みとする企業へ
Fun 挑戦を楽しみ、驚きと感動のあふれる未来へ

雰囲気の話にも繋がりますが、シンカのメンバーはこのValueを胸に働いていることを強く感じています。

さいごに、シンカをひとことで言うと?

「人をおもしろくする会社」です。
(「人」には、シンカ社員も対象に含まれます笑)

ある1日の流れ(テレワーク)
8:30
メール確認・タスク整理
9:00
情報収集・データ集計
10:00
当日会議資料の確認・手直し
11:00
販売戦略案の利益シミュレーション
12:00
昼食
13:00
翌日会議資料の準備
14:00
取締役会議
15:00
議事録作成
16:00
プロジェクトミーティング
17:00
部門間ミーティング
18:00
退社

OTHER
その他の社員インタビュー