PDF
INTERVIEW
INTERVIEW

施策改善や新施策をさまざまな面から考えて実行し、高い水準で結果を追求する。

佐藤 優真
Sato Yuma
PROFILE
入社 2019年 | 中途入社
所属 マーケティング部 マーケティンググループ マーケティングチーム

大学卒業後、印刷会社に入社。営業部に配属となり、顧客対応やチラシやポスター、パンフレットやイベントグッズなどの制作進行・協力会社折衝に従事。その後、システム開発・WEB制作を提供する企業に転職。既存営業を担当した後に、マーケティング部へ異動。自社広告運用や認知拡大施策を担当。2019年、株式会社シンカに入社、マーケティング部に所属。

入社のきっかけについて教えてください

私は前職でマーケティング部に所属し、リード(※自社サービスへのお問い合わせのこと)を増や すための施策を担当していましたが、3年働いた後、より高いレベルの知識やスキルをめざした いと思い、転職活動に乗り出したのが始まりです。 「マーケティング職」かつ「会社が拡大するフェーズ」を転職活動の大きな軸として、企業を探していたところ、シンカを見つけました。

マーケティング職の募集要項を確認すると、私が前職で培った能力がまさしく活かせそうで、また 会社がめざす未来が細やかに紹介され、将来性を強烈にイメージできたため応募することを決めました。

入社する決め手となったポイントや出来事はありますか?

大きなポイントは、面接で感じた雰囲気でした。

まず、一次面接者は当時のマーケティング部責任者と人事担当者でした。人と話すことが苦手で、今思い返してもたどたどしかったと思うのですが、お二人とも優しく話を聞いてくださり温かみを感じましたね。また、業務に関する質問のほかに、ワークライフバランスや会社の雰囲気なども丁寧かつ正直に話してくださり「きっと穏やかな人が多いのかな」と感じたことを覚えています。

そして、最大のポイントは、やはり最終面接での当社代表江尻との面接です。志望動機や質疑応答を一通り終えた後、江尻が会社や社員について語り始めました。その時に、シンカが想像よりもすごいスピードで成長していることに魅力を感じたと同時に、江尻の志や熱量にも惹かれました。今現在の会社の成長や将来展望への勢いがすごかったのはもちろんのこと、何よりも社員を大切にしている想いを感じられたのは非常に大きかったです。

面接を通じ「自分もここで力を発揮したい」と強く想い、そして内定を戴いてすぐに入社を決めました。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

全くイメージは変わらなかったですね。求人媒体や面接で想像していた雰囲気がそのままでした。また、リモートワーク制度やフレックス勤務制度の導入など、働きやすい環境施策が常に行われているため、面接時に江尻が語っていた社員を大切にする想いもその通りでした。

現在、私の部署では、部長+社員2名の計3名体制です。そのため、ひとりひとりの業務範囲というのが広範囲にわたります。また私が経験していない業務を緊急で担当することもありますが、「ベンチャー企業では範囲を決めず、さまざまな業務をしていく必要がある」ということも転職の際に知っていたので、業務面におけるギャップも特になかったですね。

現在担当している仕事、またどのような時に醍醐味を感じるか教えてください

まず、マーケティング部のミッションは、リードを獲得するということです。その中でも、オンライン領域を担当しています。具体的には自社サイトのアクセス解析やWEB広告、またメールマガジンの配信やオンラインセミナー運用などの施策改善や新施策の検討・運用が中心です。

日々の業務で醍醐味を感じるのは、やはり施策によってリードが獲得できた時ですね。仮説を立てて改善したり、新たに始めたりした施策が仮説通りにハマり、リードが獲得できた時は非常にうれしいですし、その楽しさを改めて感じられますね。

入社後一番苦労したことやその苦労を乗り越えた方法を教えてください

一番の苦労というよりも日々の苦労になってしまいますが、施策がうまくいくとは限らないということです。仮説通りに進まず、リードを獲得できず、また目標を達成しないとやはり悲しいですし、改善してもなかなか浮上することができないと苦しいですね。それを乗り越えるには、めげずに施策改善や新施策をさまざまな面から考えて実行することが大切だと思っています。

今後実現したいことは何ですか?

まず、会社の目標達成への寄与ですね。シンカの成長のために、高い水準で結果を求められています。まずは、各チームと協力して、部門としての数値目標は常に達成していきたいです。会社が掲げる目標の実現が、私の実現したいことでもあるので、その点は強く意識しています。

そして個人として実現したいこととしては、マーケティング部を引っ張っていけるまでレベルアップしたいですね。マーケティングといっても幅広い知識やスキルが必要で、まだまだ勉強していかなければいけないことがありますし、日進月歩な業界なのでアンテナを張りつづけていかなかればなりません。簡単ではありませんが、シンカを担うマーケ人材として、常にレベルアップを図りたいですね。

シンカの雰囲気について教えてください

人間関係では、人柄的に非常にフラットで、温かな雰囲気の方が多いですね。リモートワークがメインのため、出社時もあまり多くの方に会いませんが、四半期に一度懇親会が開かれたり、普段からZOOM等顔を見ながらのオンラインミーティングを行っているため、コミュニケーションに不安が少なく、みんな穏やかに和気あいあいとしています。

仕事面では、変化のスピードが早いことも挙げられます。改善の必要がある問題があると「何が問題か」「問題を解決するためにはどのようにすればいいか」という検討がはじまり、そして道筋が見えるとすぐに実行というように、行動のスピード感は特徴的だと思います。

コミュニケーション面でいうと、風通しが良いですね。リモートワーク同士であっても密なコミュニケーションをとれる環境であり、業務負荷に関すること、施策の不安、それ以外の気になることは何でも定例1on1や部門ミーティングで気軽に共有できる風土です。

どのような人と一緒に働きたいですか?また、活躍できる人の特徴を教えてください

一緒に手を取り合っていける人と働きたいですね。もちろん、それぞれの部署や人単位で意見があると思いますし、全員が同じ意見ということはありえません。しかし、否定や批判ではなく「より良くするためにはどうすればいいのだろう?」と考え、協力しあえる人と働きたいです。

活躍できる人は、いつも考え、それを行動、検証できる人かなと思います。会社の目標が高いので、受け身の姿勢では置いていかれてしまいます。そのため、できることや改善点を考え、行動するような自主性は必要です。例えば、私の部署では施策立案などは裁量権をもって進められますし、会社自体が社員の自主性を重視してくれていると感じます。

自走心のある方は活躍できるのはないでしょうか。

さいごに、シンカをひとことで言うと?

たくさんの刺激とチャンスがある会社!

ある1日の流れ(リモートワーク / フレックス活用)
7:30
始業・メール確認
8:00
リード確認
9:00
MTG
10:00
メールマガジン作成
11:00
ランチ
12:00
オウンドメディア対応
14:00
MTG
15:00
セミナー準備
17:00
退社

OTHER
その他の社員インタビュー