PDF
INTERVIEW
INTERVIEW

シンカ初のフルリモート社員
入社後に感じた雰囲気と在宅での働き方のリアル

鈴村 勇也
Suzumura Yuya
PROFILE
入社 2020年 | 中途入社
所属 開発部 開発グループ

大学卒業後、システム開発会社へ入社。防災アプリの開発などを担当。その後、転職した企業にて、発電所システムの開発を経験。前職では、WEBアプリの受託開発を行い、顧客ヒアリングから開発・リリースまでの一連の工程を担当。また、インフラチームも兼務し、サーバ選定や運用改善など、システムにかかわる幅広い業務に従事。
2020年に株式会社シンカに入社。

入社のきっかけについて教えてください

リモートワークができる企業への転職を考えており、その中でシンカを知りました。

前職では北海道で働いていたのですが、地元である岐阜で働きたいと考えていました。しかし、住みたかった地域では、通える範囲でシステム開発をできる仕事がほぼない状態だったので、リモートワークが導入されている企業を軸に転職活動を行っていました。

また、私がこれまで経験してきたのは受託開発だったため、リリースして次のプロジェクトを進めていくことがほとんどでした。そのため「継続的なサービスを提供している事業会社で経験を積みたい」という希望もあり、働き方、業務内容ともに希望と合致した企業がシンカだったため、応募しました。

入社する決め手となったポイントや出来事はありますか?

会社の姿勢が印象的でした。

実は、応募した時期のシンカは、まだリモートワークを進めているところで、フルリモートワークの社員登用を検討している段階でした。
しかし、選考が進んでいくうちに、フルリモートワークの体制が整えられており、意思決定と運用までのスピードの速さに大変驚きました。

また、転職活動を通じてサービスのことをより調べていくうちに、顧客の声を聞いている会社という印象をうけました。
「継続的なサービス開発ができること」という転職活動の軸があったので、サービスの運用や改善に真摯に取り組むことができるのではないかと強く感じたことを覚えています。

そして、大学でバイオインフォマティクスを学んでいたので、社名の「シンカ(=進化)」が馴染み深い言葉だったことも決め手です(笑)

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

いい意味ですごくギャップがありました。

特に事業の成長スピードです。
元々、導入企業数など拡大を続けていることは知っていましたが、入社してみるとそのスピードは予想以上の速さでした。
毎月始めに全社会議があるのですが、そこでは各部の前月実績や会社全体の売上などの数字が全社員にオープンにされています。
それによりリアルな状況が把握でき、そして「自分も貢献できるように頑張ろう」という気持ちになり、毎月刺激になっています。

また、すごく新鮮だったのは「カスタマーサクセスグループ」といった運用体制があることです。
これまでは開発主体の組織で働いていたため、プロジェクトが終わればまた次のプロジェクトといったスタイルでした。

しかし、今はひとつのサービスをずっと考え続けることができているのは、すごくおもしろいですね。

現在担当している仕事、またどのような時に醍醐味を感じるか教えてください

主な業務は、新機能の開発と運用改善です。

具体的な作業については、毎週月曜日に1週間のタスクを決めて、そのスケジュールに沿って作業をしています。
フルリモートワークで、基本的に9時から18時までの時間で勤務しており、通勤がないため心身ともにリラックスとした状態で働くことができています。

また、予定外の業務が入ることもあります。
例えば、不具合の調査や急ぎの設定案件なのですが、チーム内で当番を決めて担当しており、ミーティングから実際の業務まで良いチームワークだなと感じています。

やはり、開発が好きですので、サーバの選定や構築をしていることが楽しいですね。
また、開発したものが実際に動いているのを眺めるの好きなので、ログを見たり、それが思い描いていた通りに動いているのを確認できるのが醍醐味だと思います。

入社後一番苦労したことやその苦労を乗り越えた方法を教えてください

不具合の調査と修正です。

まだ、入社したばかり(※インタビュー時は入社2ヶ月強)ということもあり、システムの全体を把握しきれていません。
創業時からのソースコードもあるため、修正した箇所が及ぼす影響の確認にも一苦労です。

しかし、先ほどもお話したとおりチームワークが良いため助けられており、仕様でわからないところは、すぐに先輩方に質問して悩みすぎないようにしています。

また、過去の不具合と修正の記録が残っているため、それを読みながら聞くだけでなく自分自身でも理解を深めています。

今後実現したいことは何ですか?

シンカの成長スピードがすごいということは、それだけ「カイクラ」を導入していただいているお客様も増えています。
導入数が、2倍、10倍と指数関数的に増えていったとしても滞りなく運用できるように、自動化やスケーラビリティを改善したいですね。

また、サービス企画に携わることができていまして、より顧客ニーズに沿った機能を追加していきたいと考えています。
今あるサービスに機能を追加していく難しさも感じていますが、それ以上に楽しいですし、私自身の成長と共に「カイクラ」を成長させていきたいです。

実は、仕事中に電話が鳴ると身構えてしまうぐらい電話が苦手です。
電話を受けてから要件を把握することが大変なこと、以前の連絡内容を思い出せず聞き直して不機嫌にさせてしまったことなどを思い出して緊張します。
現在、開発部では電話対応はほぼありませんが、自分と同じように電話が苦手な方に安心感を届けていることがやりがいを感じますし、これからも多くの人に便利に活用していただけるように頑張ります。

シンカの雰囲気について教えてください

すごくフラットで優しい人が多い組織だと思います。

フルリモートワークだとコミュニケーションがチャットに偏ってしまいがちです。
しかし、先輩やCTOが気軽にお話に誘ってくれるので、すごく助かっています。
業務の話から、ゆるい雑談まで、コミュニケーションを大事にしているということを、強く感じています。

また、タスクの調整も丁寧です。
これまでに所属していた会社の中には、かなりの残業時間があり疲弊することもありましたが、シンカではそのようなことはありません。
そのため、精神的にも安心感をもって働ける雰囲気だと感じています。

どのような人と一緒に働きたいですか?また、活躍できる人の特徴を教えてください

活躍できる人は、他者と協力できる人ではないでしょうか。
実際に利用しているお客様がいるサービスを運用しているため、開発だけでなく他の部署の方との調整が必要です。
意思決定は柔軟で早い組織だと感じているため、周りの協力を得ながらどんどん進められる方が活躍できるかと思います。

また、技術の点ではフルスタックなスキルや運用への興味があると良いかもしれません。
開発部では、新機能の開発から運用までカイクラサービスのシステム全般を担当していますが、
人数もまだまだ少ないため専門領域を分けずに広い範囲を担っています。

そのため、一つの領域のみに絞っている方よりは、全般的に関心がある方の方が楽しんで働けると思います。

さいごに、シンカをひとことで言うと?

勢いと柔軟さを兼ね備えたチーム!

ある1日の流れ(テレワーク)
9:00
始業・1週間のタスク確認MTG
10:00
新機能の設計と開発
12:00
ランチ
13:00
サーバ追加依頼など定型業務
14:00
不具合調査
17:00
e-leaningでの勉強会
18:00
退社

OTHER
その他の社員インタビュー