PDF
INTERVIEW
INTERVIEW

シンカで知った「有機的なIT」
接客業出身だからこそ深く共感したシンカの考え

石川 明
Ishikawa Mei
PROFILE
入社 2021年 | 中途入社
所属 営業部 フィールドセールスグループ 不動産チーム

高校卒業後、カナダへ渡りバリスタとして就業。その後、オーストラリアの短大入学、就業など、約4年間の海外生活を経て、日本へ帰国。
帰国し、大手ビルマネジメント会社に就業ののち人材会社へ転職。コールセンターの運用を経験。
2021年に株式会社シンカに入社。

入社のきっかけについて教えてください

私がシンカを知ったのは知人からの紹介でした。

前職では、人材会社の営業として働いていたのですが、評価制度や社内環境、ワークライフバランスなど、事前のお話と大きなミスマッチが生じていました。
そこで転職を考えているときに、当社代表の江尻と知り合いだった知人からシンカを紹介されたのがきっかけです。

江尻とのカジュアル面談の時間を設けていただき、お話を伺ったところ非常に興味深かったため、応募を決めました。

入社する決め手となったポイントや出来事はありますか?

サービス内容と江尻の考えに深く共感したことがポイントでした。

これまでに飲食業界での就業経験がもっとも長いのですが、その中で困っていたことが電話対応でした。
電話をかけてきていただいたお客様のお名前が聞き取れなかったり、電話後にお話しをした内容に自信がなく聞き返したくなったり、とたくさんの課題がありました。
「カイクラ」は、飲食業界在籍時に実際に困っていた課題を解決できますし、「私と同じような思いをしている人の助けになれるかもしれない」と、興味を持ちました。

そして、一番の大きなポイントは江尻の考えです。
まずは、目標が具体化されており、サービスを通じて描く未来に対し、いつ頃までに何を達成したいのかが明確になっていたこと、その目標が世界規模であったことに驚いたことを覚えています。

さらに、「ITで電話を効率化することができるが、単純に時短だけで終わってほしくない。空いた時間で、雑談を増やしたりコミュニケーションを取りやすくしたり、楽しい社会をつくっていきたい」というサービスへの想いにも惹かれました。私は「ITは効率を求めていくもの」と無機質なイメージを持っていたのですが、ITを通じて、人とのつながりを重視する考えに深く共感しました。

以前、バリスタや人材会社で働いていた理由として「人と接する時間が好き」ということがあったので、私の想いともマッチし、入社したいと強く想いました。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

全く変わっていません!

カジュアル面談や選考面接を通じて知れた、想像どおりの職場でした。
一次面接、二次面接を通じて複数の営業部員の方々とお会いでき、仕事内容や会社の雰囲気について伺っていました。

みなさんが真面目かつ気さくな優しい雰囲気で、アットホームな印象を想像していましたが、入社後もその印象のとおりでした。
そして、営業職として活躍している人の特徴を伺った時も「才能ではなく努力をしっかりしている」という言葉の通り、ひとりひとりが前向きに真剣に取り組んでいる雰囲気で、私も刺激を受けつつ努力中です。

現在担当している仕事、またどのような時に醍醐味を感じるか教えてください

営業部の不動産チームに所属しており、主に不動産事業者様向けに「カイクラ」の提案を行っています。
そのため、日々の業務は商談と、商談に向けた準備(説明資料作成やロープレなど)です。
商談がない時には、少しでもサービスに興味を持っていただいていた方への架電を行い、ご状況の確認や再案内などを行っています。

営業職の醍醐味は、お客様と直接お話できる点です。
「カイクラ」の場合は、お客様は事前に資料などを見ている場合が多いのですが、直接話していく中でサービス理解をより深めていただいたり、好感触をいただいたりするのは、やはり嬉しいです。
「お客様にとって必ず役に立つ商材」であることを伝えられるようにしているので、もっと多くのお客様に反応してもらえるようにこれからも頑張ります。

入社後一番苦労したことやその苦労を乗り越えた方法を教えてください

新型コロナウイルスの影響で対面でのお話ができないことに苦労しています。
これまでの就業経験では基本的に対面で接することがほとんどだったため、お客様の表情などから感情を読み取ってお話をすることができました。

しかし、現在はWEB商談ツールでの営業がほとんどとなってしまい、お客様の中にはカメラ機能がついていないパソコンのため、音声だけでの営業になってしまうこともあります。
そのため、温度感や興味度合いがつかみにくいところがあり苦戦しています。
経験豊富な先輩や上司に商談についてもらい、フィードバックをもらうことで乗り越えられるよう日々勉強しています。

今後実現したいことは何ですか?

シンカはこれまでに急成長を続けていますが、これからもさらなる飛躍を目標としています。
その中で、やはり「契約をしっかりと取る」という、営業部員としての目標はクリアしなければいけないと考えています。
もちろん無理やり契約を取るのではなく、しっかりとお客様の課題を把握し、そしてお客様のビジネスにとって「カイクラ」がどのようにプラスになるのかという部分を丁寧にお伝えし、喜んでいただくことが大切です。

そして、個人としては、新たなチームを率いていきたいという目標があります。
私が歩んできた飲食業界を始め、「カイクラ」で課題を解決できる業界はたくさんあると確信しています。
そのため、現在所属している不動産チームで結果を出し、将来的に新たなチームやアプローチができるチャンスを掴みたいです。

シンカの雰囲気について教えてください

チームとしてまとまっている会社だと思いますし、同僚や先輩、上司も皆さん素敵な方しかいません。また、もっとも身近な営業部でいうとアットホームな雰囲気です。

フランクな方々が多く、業務上不安なことや疑問なことがあったらいつでもなんでも聞くことができますし、時には恋愛相談まで乗ってもらうこともあります(笑)

営業部では定期的にオンライン飲み会を開催しており、会社全体がテレワーク中でも楽しくコミュニケーションがとれています。
もちろん自由参加で強制されることなく、本当に和気あいあいとしています。

どのような人と一緒に働きたいですか?また、活躍できる人の特徴を教えてください

思いやりがある方です。
お客様に寄り添って考え行動できる人と一緒に、世界をもっとおもしろくしたいです。
営業という数字が求められる立場ではありますが、「自分が自分が」というより、みんなのためにチームワークを大切に感じることが大事になります。
また、カイクラの良さを押し売りするのではなく、お客様にとってのメリットを第一に考えられないと難しいと、私自身は考えます。

活躍できる人は、柔軟な方だと思います。
シンカは、まさに急成長で、これからもさらに拡大をめざしていきます。そのために会社制度や業務方法など、大きく状況は変わっていきます。その変化に対応できる柔軟さが重要ですね。

さいごに、シンカをひとことで言うと?

「おもしろい」をつくっていく!

ある1日の流れ(テレワーク)
9:00
始業・商談準備
10:00
商談
11:00
見積り書作成・お客様へ架電
12:00
ランチ
13:00
商談準備
14:00
商談
15:00
事務作業
17:30
部内MTG
18:30
退社

OTHER
その他の社員インタビュー