弁護士法人 淡路町ドリーム 様

弁護士事務所

「おもてなし電話」の「正確さ」が加わり、より良い電話対応が実現!

  • 人間の力だけではカバーしきれない「正確さ」をシステム導入でプラス
  • 人生をかけた大切な1本の電話「マイナス」を増やさないために
  • お客様と良好な関係を築くことが可能に

導入目的

人生をかけた大切な1本の電話「マイナス」を増やさないために

CTIという存在を知った当初は、「これは、法律事務所にはいらないよなぁ・・・。レストランとか予約を行うところで使うものだよなぁ。」と思っていましたが、 ひとつの大切なことに気付きました。

それは、「丁寧」と「正確」は違うということ。

離婚や相続は、人生をかけた大切な相談です。
たった一度の電話にも、たくさんの思いが込められており、非常に重要なのです。

電話対応にどれだけ自信があったとしても、「正確さ」は、人間の力だけではカバーしきれない部分が出てしまいます。そこで、上手にシステムを使うことで、「丁寧さ」に、「正確さ」をプラスした電話対応を行いたいと思い、システム導入を検討いたしました。

導入効果

お客様と良好な関係を築くことが可能に

スタッフの丁寧さと、システムでの正確さ、どちらも大切な対応です。
掛け合わせた対応が今の世の中には必要なのだと思います。
弊社では、以下の様な導入効果を感じております。

◆お名前の聞き返し

お客様情報が画面に表示されるので、お名前の聞き返しはしません。
こちらからお客様のお名前をお呼びすることで、安心が生まれ、声も1トーン上がります。

◆担当弁護士の把握

また、今までは、「担当弁護士はどちらでしょうか?」と必ずお伺いをしていたんです。
さらに、「松江」という名前の弁護士が2名いるのもあり、「松江は、男性ですか?女性ですか?」というやり取りを何度もしていました。

「おもてなし電話」の導入後は、担当弁護士もしっかりと分かるので、「お客様に聞く」のではなく、「担当弁護士の●●ですね?」とお話させていただけるようにもなりました。

また、「正確さ」で言うと、「通話録音機能」も活用して頂いています。
弁護士事務所に多いのが「言った、言わない」のトラブルです。

◆便利な自動録音

「通話録音機能」を使えば、受話器を外して、再度置くまでを自動録音しているので、後から通話内容を確認することが出来ます。

◆内容の確認

一件の電話が長いときも当然あるので、相談内容のポイントを確認したり、お名前、企業名や住所など、一回では聞き取れなかった場合には、再度確認することも出来ます。

◆電話対応力の向上

そして、スタッフの日々の対応を確認して、更なる電話対応力向上に使うことも出来ます。

この様に、「おもてなし電話」の導入をしてから電話対応が激変しました。
これからも活用し、「丁寧さ」に、「正確さ」をプラスした電話対応を心がけたいと思います。

弁護士法人 淡路町ドリーム 様

創業
2011年7月
売上規模
非公開
資本金
非公開
従業員規模
弁護士7名 スタッフ13名
本社所在地
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-2 クリスタルビル 3F 4F・受付8F
事業内容
離婚・相続問題及び、一般民事法律トラブル
建築・不動産トラブルなどの企業法務