PCで通話できるソフトの音声を通話録音する方法

PCで通話することができるソフトは色々あります。 例えば、

  • Skype
  • LINE
  • チャットワーク
  • カカオトーク
  • Call connect
  • ZOOM

などがあります。

では、これらの通話できるソフトで会話をしているときに、その音声データを録音してファイルとして残しておきたい場合はどのようにすれば良いでしょうか?
以下で、詳しく解説します。

目次
PCで通話録音する方法
- 通話録音PCソフトを利用して録音する方法
- Apowersoft 音声録音フリーツールを利用したPCでの通話録音方法
- PCに備え付けの録画ソフトを利用する方法
まとめ PCで通話録音する方法

PCで通話録音する方法

PCで通話録音する方法には2通りがあります。

  • 1つ目は、外部からダウンロードする通話録音ソフトを導入して録音する方法
  • 2つ目は、PCに備え付けの録画ソフトを利用する方法

の2通りです。

2つ目の、PCに備え付けの録画ソフトを利用する方法は、安いPCにはソフト自体が付いていないこともあるので、その場合には1つ目の通話録音ソフトを利用して録音する方法を取ることになります。

それでは、具体的に通話録音の仕方をそれぞれ通話録音ソフトを導入する方法と備え付けの録画ソフトを利用する方法に分けてご紹介します。

通話録音PCソフトを利用して録音する方法

PCで通話録音する方法として、通話録音ソフトを利用する方法があります。

通話録音ソフトはどれを利用すればいいか悩むかと思いますので、以下に特徴などを掲載しますので、ご参考にしてください。 それぞれの特徴を比較して、自分にあった通話録音機能を導入してください。

PR:「シンカの通話録音クラウドシステム」とは

通話録音拠点数がなんと約100社、120拠点、そして月次の解約率は驚異の約0.7%という安定的な実績を持つ通話録音システム。それが、「シンカの通話録音クラウドシステム」です。

簡単に特徴をお伝えすると以下の点に強みがあります。

  • 強み1.電話機器の入替不要で、今の電話のまま録音ができる。
  • 強み2.様々な業種・業態のシーンで活用いただいている。
  • 強み3.オフィスにかかってきた電話を全通話録音しテキスト化。検索できる。
  • 強み4.クラウドだから複数拠点の録音データも一元管理できる。
  • 強み5.社員の電話受付ストレス軽減、クレーム客対策になる。

こうした強みを活かしながら、貴社をサポートする通話録音サービス。

それが、「シンカの通話録音クラウドシステム」です。

※3分でわかる!通話録音クラウド無料ダウンロード
https://www.thinca.co.jp/tsuroku/download.html

また、以下のような導入事例があります。

お客様の声

弁護士法人DREAM 様「言った、言わない」のトラブルが多い業界、通話録音機能で「丁寧さ」に「正確さ」をプラスした顧客対応を実現。「スタッフとお客様、両方を大切にする「環境」と「仕組み」」が整いました。

PC通話録音ソフト比較表

通話録音ソフト 特徴 機能 対応OS リンク
Audacity
  • 音声を録音できるだけでなく、音声データを自由に編集可能
  • DAWソフト
  • 外部機器接続対応
  • 音声ファイルをコピー、分割、ノイズ除去、ピッチ変更など可能
  • エフェクト適用(エコー・リバーブ・ディレイ・ノーマライズ等)
  • マルチトラック対応
  • 休止・スタンバイ機能
  • 録画後に自動シャットダウン
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10, Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10/10.11, macOS 10.12/10.13/10.14, Linux https://ja.osdn.net/projects/audacity/
超録 – パソコン長時間録音機
  • 音声を録音できるだけでなく、音声データを自由に編集可能
  • UIが直感的
  • 多彩な表示インターフェイス
  • WAV/OGG/WMA/MP3形式での長時間録音が可能
  • 形式設定はトラックごとにリアルタイムに変更でき、ファイル形式・ビットレートなどを変えながら保存も可能
  • トラック(音楽ファイル)自動分割機能
  • 「♪超録」を定期的に録音するためのスケジュール設定ソフト 「♪超スケ - 超録!録音スケジューラー」
Windows98/98SE/ME/NT4.0/2000/XP http://pino.to/choroku/function.htm
ポケットレコーダー
  • コンパクトで直感的に使えるインターフェイス。
  • サウンドレコーダーと違い60秒以上の録音が可能。
  • 動作が軽いので音飛びが少ない。
  • タイマー機能で自動的に録音を終了できる。
  • 起動と同時に録音することが可能(オプション)。
  • 音質を選択することができる。
Windows XP/Me/2000/98/95 https://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se096521.html
HDRecorder
  • 録音途中でコンピュータの電源が切れても、録音したファイルが 壊れない設計
  • ファイルは内部で自動管理されるため、DAT のように手軽に録音 できます。
  • 対応しているのは「.wav」のみ
  • 2GB を超えたサイズの録音が出来ます。 (48KHz/16bit/Stereo でおよそ3時間ほど録音すると 2GB になります)
Windows XP/2000 https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se247901.html
Moo0 ボイス録音器
  • 1クリックでどんなPC音でも簡単に録音
  • MP3 と Wave ファイルへの保存をサポート
  • 録音を予約スケジュール
  • 録音開始時の最初の音声のカットや無音カット機能
  • 77種類のスキン変更に対応
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10 https://freesoft-100.com/review/moo0-voice-recorder.html
Apowersoft 音声録音フリーツール
  • コンピュータのサウンドカードとマイクからの音声を高音質で録音
  • 1クリックで必要な音声を何でも録音する
  • オーディオの再生及び不要ファイルの削除も自由
  • 録音した音声をより良く管理するためにID3タグを追加
  • 録音したファイルをすべて保存する内蔵フォルダを備えている
  • リアルタイムで録音したオーディオを再生
  • オーディオをYouTube、Soundcloud、Google Plus、Twitter及びその他のSNSに共有できる
- https://www.apowersoft.jp/free-audio-recorder-online

Apowersoft 音声録音フリーツールを利用したPCでの通話録音方法

今回は上記の通話録音ソフトのうち、無料とは思えないほど使いやすいApowersoft 音声録音フリーツールを利用した通話録音を例に、PCの通話録音についてご説明します。

Apowersoft 音声録音フリーツールのダウンロード

まず、以下のサイトにアクセスします。
https://www.apowersoft.jp/free-audio-recorder-online
アクセスすると、以下のような画面が出てくるので、録音開始をクリック。

録音開始をクリックすると、起動中の文字が出てきた後に、
録画を開始する前に起動ツールをダウンロードしインストールしてください。
という文言と共に、起動ツールをダウンロードのバナーが出現しますので、
それをクリックします。
すると、ダウンロードが開始し、以下の画面に遷移します。

これでダウンロードは完了です。

Apowersoft 音声録音フリーツールのインストール

次にダウンロードファイルを開いてインストールします。
基本的に日本語で指示をしてくれるので、指示に従ってインストールしましょう。
すると、以下のような画面になります。
これでインストールは完了です。

Apowersoft 音声録音フリーツールで実際に通話をレコーディング

あとは録音ボタンの赤い丸のボタン(開始、停止)をクリックすれば、録音が開始となります。録音しているときは以下のような画面になります。
※WINDOWS10です。

これで録音は完了となり、音声ファイルを作成して保存すれば終了です。 本当に簡単でかつ直感的なソフトですよね。 PCで通話録音する際はApowersoft 音声録音フリーツールの利用がおすすめです。

Apowersoft 音声録音フリーツールは無料だけど利用制限はある?

利用制限は一切ありません。無料で公開されていて、この機能は信じられないですよね。 では、広告が表示されるのかというと、広告も表示されません。 信じられないほど、使い勝手の良いソフトになっています。

Apowersoft 音声録音フリーツールはウイルスの心配はないの?

無料ソフトなので完璧にセキュリティが保証されているわけではありません。 しかし、ウイルスが検出されたことはなく、シンプルでかつ極めて安全なソフトと言えるでしょう。

Apowersoft 音声録音フリーツールのその他の機能や出力フォーマットなど

Apowersoft 音声録音フリーツールで録音できる項目は、ストリーミング音楽サイト、ラジオ局、youtube、ゲームのバックミュージック、音声チャットなど滝に渡ります。また、出力フォーマットはMP3、WMA、AAC、FLAC、WAV、M4A、OGG、対応できるプレーヤー・デバイスは Windowsメディアプレーヤー、QuickTime、iTunes、タブレット、Chromebook、Androidスマホ、iPhone、Windowsスマホです。

ここまでダウンロードソフトを利用したPCでの通話録音について述べてきました。次は、PCに備え付けの通話録音ソフトを使用した通話録音方法をご紹介します。

PCに備え付けの録画ソフトを利用する方法

前トピックで解説した通話録音ソフトを導入すれば色々な機能が手に入り、DAWソフトのようにマルチにファイルを編集することも可能になりますが、PCで通話録音を念のためにしておきたいニーズなどそこまでこだわったものは必要がない場合もあります。そんな場合には、PCに備え付けのPC通話録音ソフトを利用するのがベストです。

WINDOWS10ではボイスレコーダーというソフトがデフォルトで入っています。

Windows10以前では名称はサウンドレコーダーだったようです。
しかし、このボイスレコーダー、少々設定を加えないと以前のサウンドレコーダーだった時代とは違いすぐにskypeやLINEなどの通話録音をすることはできないようです。
次のセクションで、この通話録音できる設定についてご説明させていただきます。
※ボイスレコーダーはサウンドレコーダーで利用できた、WAV形式は利用できません。Mp4で保存されます。

ボイスレコーダーで通話録音できるようにするWindows10の設定方法

まずボイスレコーダーを起動すると以下の画面になります。

そして、マイクのアクセスを許可していただき、次はマイクを接続します。 マイクはイヤホンジャックと間違いやすいのでお気をつけください。

次に、マイクの設定を行います。

右下の・・・をクリックし、マイク設定を立ち上げ、
このデバイスでのマイクへのアクセスを許可するで、許可に変更します。
また、「アプリがマイクにアクセスできるようにする」の項目では、オンにチェックを入れてください。

マイクの設定をしてもボイスレコーダーが開始するにはマイクを接続してくださいと表示されてしまう場合には、デバイスの設定を行います。
コントロールパネルからサウンドを選ぶかWindowsバーのスピーカーマークを右クリックしてメニューを出して、その中の録音デバイスを選びます。

ステレオミキサーを右クリックし、有効にします。
これで設定は完了です。
すると、以下のように録音することができるようになります。

ボイス録音のマイクマークをクリックするとスタート、もう一度クリックすると停止です。
停止すると華籠録音データのリストと、マイクのマークが表示され、マイクをクリックすると再び録音が開始されます。

過去データのリストを左クリックすると再生ができる画面になり、ここでトリミングや加工、削除などもできます。

以上が、Windows10に備え付けの、ボイスレコーダーの使い方、初期設定の仕方になります。
PCで通話録音をする際には、ぜひこの流れを見て設定してみてください。

まとめ PCで通話録音する方法

ここまでをまとめると以下のようになります。 PCで通話録音をする方法には2通りあります。

  1. ダウンロードした多機能の通話録音ソフトを利用する
  2. WINDOWSやMACに備え付けの通話録音ソフトを利用する

そして1,ダウンロードした多機能の通話録音ソフトを利用する方法を取る場合には、特徴や機能が多彩なため、最も会ったものを比較して選ぶことをオススメしました。 また、その中でも特にオススメなApowersoft 音声録音フリーツールの使い方をご紹介しました。

さらに、2,WINDOWSやMACに備え付けの通話録音ソフトを利用する方法を取る場合において、今回はWINDOWS10に備え付けのボイスレコーダーというソフトの初期設定の仕方と、使い方についてご説明をさせていただきました。

当記事を参考に、PCで通話録音をしてみていただければと思います。